読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊洲市場 地下水ベンゼン100倍の汚染のなぜや理由と移転の可能性?

f:id:bigconchan:20160831181422j:plain

豊洲市場の地下水の再調査で地下水から環境基準の100倍

にあたる汚染が検出されましたが、

なぜ?豊洲市場の地下水から100倍もの汚染が生じているのかの

理由が気になります。

また、豊洲市場の移転の可能性はベンゼン100倍の汚染を

考えた場合、どの様な判断がなされるのでしょう。

スポンサーリンク

 

豊洲市場 地下水ベンゼン100倍の汚染の理由?

豊洲市場の地下水の検査では

  • 第1回~第8回は環境基準以下
  • 第9回はベンゼンが79倍

ということになり、再検査が実施されていました。

 

豊洲市場地下水の29の観測地点の内、

25地点で基準を上回る

有害物質が検出されています。

前回の第9回目で

ベンゼンが79倍の場所からは

今回100倍のベンゼン(2017年3月19日発表)

が検出されています。

 

そのほか

  • 環境基準の3.6倍のヒ素
  • 環境基準は不検出であるべきシアン

が検出しており

最高値が検出された場所は

となっています。

 

ところで、

豊洲市場 地下水ベンゼン100倍の汚染の理由とは

どの様なことによるのでしょう。

 

hifuminonikki.hatenablog.com

 

豊洲市場の地下水の検査では

第1回~第8回は環境基準以下

第9回はベンゼンが79倍

の間では検査方法を変えたことが主な理由と

されていますが、

100倍のベンゼンが検出されたのは

地下水システムを稼働したことで地下水が移動

ということが理由と言われています。

 

というのは

 

豊洲市場の地下の汚染物質は取り切れていなく

地下に局所的な汚染物質があり

地下水管理システム(地下水を汲み上げるシステム)

が2016年10月から本格的に稼働したことで

局所的の残っている汚染物質が移動したから

という推測がなされています。

 

なお、

地下水管理システムは

観測井戸のほかにあるもので

地下水を取水して浄化した後に

下水道に流すというシステムになっています。

スポンサーリンク

 

豊洲市場の地下水ベンゼン100倍の汚染で移転の可能性?

豊洲市場の地下水は飲用などでは利用することはなく

地表から4メートルくらいはきれいな盛り土をしてあるので

汚染土に接触することはないので

地上の豊洲市場の建物に地下水が進入することはなく

土壌汚染の対策上の問題はないとされています。

 

でも、

本来は敷地を2メートル掘ってから

れいな土を4.5メートル入れる予定が

地下空間

が出来てしまっているので整合性がないのはないか?

と思ってしまいます。

 

  • 環境基準を超えていても地下水を飲まなければ大丈夫
  • 地上と地下は分けて考えれば良い

という声がありますが

では、

環境基準とは何のためにあるのでしょう?

そして

本来あるべき盛り土の意味とは何なのでしょう?

 

環境基準や建築基準というのは

各事象で変えてしまって、

都合の良い様に

考えれば良いということになってしまいます。

 

科学的には安全であるのでしょうが

豊洲市場で働く人や消費者の安心とは

かけ離れてしまっています。

 

豊洲市場で働く人や消費者が納得する

根拠を示すのであれば

豊洲市場の移転することになると思いますが

納得することが出来なければ

築地市場にも汚染があるので、

汚染を除去して再整備ということになることも

大いにあると言えそうです。

スポンサーリンク