読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嶋貫和男の出身の大学と略歴や経歴は?天下りのあっせんだけ?

f:id:bigconchan:20160410114443j:plain

文部科学省文科省)が天下りあっせん問題で

文教フォーラムの

嶋貫和男氏の出身の大学と略歴や経歴が気になります。

天下りのあっせんだけでなく

滋慶学園の大学設置にも関与?とも言われています。

何やら鎌倉に住んでいるの?とまで噂される

渦中の嶋貫和男氏に注目が集まっています。

スポンサーリンク

 

嶋貫和男の出身の大学と略歴や経歴は?

嶋貫和男氏は1968年文科省に採用され

北海道大学事務局長などの出向の経験があるものの

1977年から2005年まで

文科省人事課

に長い間配属されていました。

 

文科省での勤務のほとんどを人事課で過ごしたことから

天下りのあっせんには最適な人と文科省は考えたのでしょう。

 

ところで、官僚には

  • キャリア(国家公務員採用総合職試験)
  • ノンキャリア(国家公務員採用一般職試験)

があり、

キャリアは東京大学などの難関大学出身者が多い

ことはよく知られたことです。

 

嶋貫和男氏の出身の大学が気になりますが

個人情報の点からでしょうか

今のところはっきりとはしていません。

間違えていたら申し訳ないのですが

嶋貫和男氏はキャリアでなく

ノンキャリアだったのかなぁ?と思っています。

 

というのも

 

2008年に

改正国家公務員法施行

が始まり、天下り規制が強化されていますが

嶋貫和男氏は2009年7月に文科省を退職、

一般財団教職員障害福祉財団

に再就職をして天下りのあっせんを始めます。

 

2008年に改正国家公務員法が施行されて

翌年の2009年に天下りのあっせんをするなど

危ない橋をキャリアがするのかな・・・?

と思うからです。

 

嶋貫和男氏は

「このままでは後輩たちが困るだろう。」

として天下りのあっせんを始めたそうですが

嶋貫和男氏がキャリアであれば

相当の覚悟や想いがあったのだろうと推測することが出来ます。

 

嶋貫和男氏の気持ちも分かりますが・・・

法令に反してしまったのではないかと思われます。

スポンサーリンク

 

嶋貫和男は天下りのあっせんだけをした?

嶋貫和男氏の略歴や経歴にもつながることですが

嶋貫和男氏は2009年7月に文科省を退職後に

一般財団教職員障害福祉財団に再就職をして

天下りのあっせんをしますが

一般財団教職員障害福祉財団の理事長が

2013年に

財団の業務と直接関係していない

として、結果嶋貫和男氏は退職をします。

 

ここで、

天下りのあっせんのブレーキが効くという流れではなく、

文科省は嶋貫和男氏を支援することになります。

 

嶋貫和男氏は

保険会社の顧問

になりつつも

嶋貫和男氏は

文教協会

の参与となります。

 

hifuminonikki.hatenablog.com

 

さらに

嶋貫和男氏は

文教フォーラムの代表となり

  • 文教協会⇒部屋を提供(3年で900万円)
  • 一般財団教職員障害福祉財団⇒秘書の給与

を受ける形となり、

1週間に2日くらいの出勤で

  • 年収1000万円の報酬

を得ながら天下りのあっせんを続けて行くことになります。

 

文教フォーラム公式HP⇒ 一般社団法人文教フォーラム

 

また、

天下りのあっせんあけでなく

滋慶学園の大学設置にも関与したのではないか?

という疑惑が持たれています。

※2017年2月初め時点

 

hifuminonikki.hatenablog.com

 

ところで

嶋貫和男氏の天下りのあっせんと

文科省が支援して来たことは問題となっていますが

そもそもどうして天下りのあっせんが

生じるのでしょうか・・・?

 

例えば、キャリアが事務次官になると

同期のキャリアのほとんどは退職をする

と言われています。

 

この習慣やシステムに問題があるのではないでしょうか?

 

官僚の知識を民間で活かすことも大事ですが

官僚は民間と比べて年金が優遇されています。

いま一度、日本の行政についての検証が

必要な時になっているのではないかと思います。

 

国民や政治はどう判断をして行くのでしょうね?!

スポンサーリンク