読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嶋貫和男が退職した後の顧問の報酬や収入と年収は?

f:id:bigconchan:20160408124446j:plain

嶋貫和男氏が文部科学省を退職した後の

報酬や収入が気になります。

というのも、キャリアと言われる官僚という

エリートの再就職先、天下りをあっせんしていたからには

相当の報酬や収入が嶋貫和男氏にあったのではないかと

容易に想像することが出来るからです。

スポンサーリンク

 

嶋貫和男氏の退職した後の天下り先は?

2008年に国家公務員の天下りを規制するために

改正国家公務員法が施行されますが

2009年に嶋貫和男氏は文科省を退職します。

 

hifuminonikki.hatenablog.com

 

嶋貫和男氏は文科省を退職後

  • 教職員生涯福祉財団:審議役
  • 株式会社成和第一事務所:顧問

に再就職をします。

 

嶋貫和男氏は退職後、すくに天下りのあっせんを

始めたことから

教職員生涯福祉財団の理事長が

財団の仕事内容にそぐわない

として2013年に嶋貫和男氏は

教職員生涯福祉財団を退職することになります。

 

また

株式会社成和第一事務所は

2014年1月から

文科省の職員が加入する団体保険を扱っており

保険料の集金業務は

文教協会

が行っていましたが

嶋貫和男氏は2016年12月まで

文教協会:参与

の立場でしたので、

嶋貫和男氏が両方に関わっていたことで

株式会社成和第一事務所と文教協会の関係には

注目に当たるのではないでしょうか?

 

そのほか

2014年1月

明治安田生命保険:顧問

となっていますが

さらに

嶋貫和男氏が教職員生涯福祉財団を退職した後に

文教フォーラム:代表・理事

として嶋貫和男氏は就任をしています。

スポンサーリンク

 

嶋貫和男の退職後の顧問の報酬や収入は?

嶋貫和男氏は文教フォーラムの代表・理事になり

文教協会からは事務所経費を3年間900万円

教職員生涯福祉財団からは秘書給与

を提供されています。

 

hifuminonikki.hatenablog.com

 

ところで

嶋貫和男氏の退職後の顧問の報酬や収入が気になりますが

概ね次の通りとなります。

 

2009年7月~2013年12月

教職員生涯福祉財団:年700万円

2014年1月~

明治安田生命保険:年1000万円

2009年1月~2017年1月

株式会社成和第一事務所:年500万円

 

文科省

「嶋貫氏が週2日間程度の保険会社顧問に就任し

NPOをつくり

再就職支援業務を行うという案は良い方法」

 

と文書に記載されていますが

実際に

明治安田生命保険には月2回ほどの出勤だったそうです。

 

さらに

嶋貫和男氏の退職後には複数の財団や会社に

関わりを持っていたことは明らかになっています。

一部は勤務時期が重複していたので

天下りのあっせんの調整などが主な業務だったと

思われますが

勤務という実態はどうだったのでしょうね。

 

 

 

社会主義国の中国では

理想の国は日本

という意見があるそうで公務員が優遇されている

ことを意味しています。

また

アメリカのトランプ大統領への賛否はともかく

トランプ大統領が就任演説で言われていた

政府を政治家(ワシントン)から国民の手に移す

と言う言葉は素敵だったと思います。

 

国家公務員、特にキャリアという人々は

エリートで子どもの頃から

努力を惜しまなかったことと思います。

官僚としても政治家や民間からヤンヤヤンヤと

言われて参ってしまうとは思いますが、

民間では退職後に無理な労働をしている人も多くいます。

 

インターネットの登場で世の中は

ガラリと変わりましたが

官僚システムを維持するのなら

ほどほどにした方が良いのではないでしょうか。

 

官僚が天下りをせざるを得ないシステムを

改良しておかないと

政府を政治家(ワイントン)から国民の手に移す

という言葉が

日本でも持ちあがることになりかねません。

スポンサーリンク