読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金正男がマレーシアで暗殺!なぜベトナム人の女が犯人に?

f:id:bigconchan:20160330100301j:plain

金正男氏が毒針で暗殺(毒殺)された場所は

マレーシアのクアランプール国際空港の第2ターミナル

ですが、なぜベトナム人である女性2人が犯人として

実行したのでしょう。北朝鮮ベトナムや中国の関係を

含めて気になるところです。

スポンサーリンク

 

なぜ、金正男の暗殺はベトナム人の女が犯人に?

金正男氏の暗殺(毒殺)に関わったのは

  • 女性2人
  • 男性4人

とされています。

 

金正男氏の暗殺(毒殺)の実行犯は

ベトナム人の女性2人

とされているので、男性4人は

金正男氏の暗殺(毒殺)のサポート役だったのでしょう。

 

金正男氏としては、

常日頃より暗殺を警戒していたこともあり

女性であれば警戒感も薄れることで

女性が選ばれ、力勝負にでもなれば

暗殺が失敗する恐れもあることから

毒殺

を選択したことも容易に想像することが出来ます。

 

しかしながら

どうして犯人はベトナム人だったのでしょう。

 

金正男氏はマレーシアに滞在していたことから

北朝鮮人が近づけば警戒されますが

同じ東南アジアである

マレーシア人に容姿が似ているベトナム人であれば

雑踏に紛れればなかなかスパイ(工作員)と

気づかれることはないからと思われます。

 

同時に

 

北朝鮮ベトナムは同じ共産国家として

国交があり2015年には

国交65周年

を迎え友好関係にあることで

北朝鮮ベトナムに協力を得たのではないでしょうか。

 

とはいえ

 

ベトナムとしては非常にリスクがあるので

ベトナムが関与するというのでなく、

北朝鮮ベトナムでの活動がしやすいので

リクルートすることは簡単ということかも知れません。

 

そのほか、

 

国際空港という多くの人が集まる場所なので

北朝鮮や韓国系の人がいても

違和感がありませんが

偽造パスポートを作ることは可能なので

パスポートだけでは真実は分からない

可能性もあります。

 

というより

 

個人として

ある空港で偽造パスポートの実態を

知ったことが有り

偽造パスポートは広まっていることを

実感しています。

 

スポンサーリンク

 

金正男の暗殺で北朝鮮ベトナムと中国の関係は?

北朝鮮の核や長距離弾道ミサイルの実験で

北朝鮮の後ろ盾となっている中国は

国際社会から厳しい目で見られています。

 

また、

 

北朝鮮と中国のパイプ役といわれた

張成沢氏は金正恩朝鮮労働党委員長によって

叔母の夫にも関わらず

2013年に粛清されています。

 

そして、

 

中国は北朝鮮の崩壊後には

金正男氏に北朝鮮を任せるために

保護していたとも言われています。

 

現在、北朝鮮としては中国とは

仲が良いとは言えず

今回の金正男氏の暗殺でさらに友好関係は

遠のくと考えられます。

 

一方で

 

ベトナムは1979年に中国との間で

中越戦争

を起こしているので

ベトナムと中国はお互い腹の探り合いをする様な

関係となっているので

北朝鮮としては、

仮にベトナムに協力を依頼した場合

さほどハードルは高くないとも言えます。

 

ベトナム人の犯人が逮捕となっても

スパイ(工作員)であれば

真実が明らかになる確率は低いと

考えられますが

北朝鮮独裁国家であることから

金正恩朝鮮労働党委員長の命令で

動いたことは間違いないことと言えそうです。

スポンサーリンク