読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瑞穂の國記念小學院の施工業者やゼネコンは?

f:id:bigconchan:20160325141223j:plain

森友学園が開校する大阪府豊中市

瑞穂の國記念小學院が

国有地を格安に取得したことに

疑惑が持たれ、

瑞穂の國記念小學院自体にも

注目が集まっていますが、

瑞穂の國記念小學院の

施工業者やゼネコンについても気になるところです。

スポンサーリンク

 

瑞穂の國記念小學院に埋設物が?

瑞穂の國記念小學院が立地する場所は

国有地でしたが

評価額が9億5600万円とされていました。

 

ところが、

埋設物の撤去に8億円ちかくの費用

が発生したので

森友学園は1億3400万円で

国有地を取得して

瑞穂の國記念小學院を開校することに

なっています。

 

あまりの格安な点や本当に埋設物の撤去に8億円が

掛かったのかが疑惑として問題化しています。

 

hifuminonikki.hatenablog.com

 

すぐとなりには

瑞穂の國記念小學院より少し大きな国有地が

14億円ほどで豊中市財務省から

購入しているので

10分の1の金額に驚いた人も多いことでしょう。

スポンサーリンク

 

瑞穂の國記念小學院の施工業者やゼネコンは?

土地に埋設物があった場合には

産業廃棄物を搬出する業者

または

個人で許可を取得していること

で産業廃棄物を搬出することが可能となります。

 

ダンプカーなどの本体に

産業廃棄物の運搬の記載

を見ることがあると思いますが

今回の瑞穂の國記念小學院の場合には

ダンプカー4000台分

にもなると言われています。

 

ところで

瑞穂の國記念小學院の施工業者やゼネコンは

が落札しており

鉄骨造3階建て5795㎡の建物となっています。

 

中道組公式HP⇒ 会社概要 | 株式会社 中道組

 

中道組が幹事の様になり

産業廃棄物を搬出する業者や

施設を建設するのに必要な設備会社などを

指定することで

瑞穂の國記念小學院の建設が

進められているはずですので

中道組以外の業者が

複数、出入りしていることでしょう。

 

地下埋設物の対応は・・・

いわゆる産廃業者は

藤原工業

という会社が主に担当をしていることが

判明しました。

 

実際の建設も藤原工業が主体の様子。

 

また、

地下埋設物を搬出せずに

地下に埋設物を埋め直した

ということが

森友学園から発表されていることから

埋設物の撤去に8億円

ということは

正確ではないということになります。

 

産業廃棄物を搬出するには

マニフェスト

という書面に

  • 日付
  • 搬出した量
  • 搬出先

などを明記して始めて産業廃棄物を搬出、処理を

することが出来ることになっており

マニフェストは保管をすることが

法律で決められています。

 

しかしながら、

本当の地下埋設物の量はどれくらいだったのでしょう。

 

今後、豊中市としては調査をしなければならない

と思いますが

埋設物の撤去に8億円

が問題化して不正確となれば、

詐欺になる可能性もあるのではないでしょうか。

 

ところで

産業廃棄物のマニフェスト

確認すればハッキリとしますが

マニフェストの不正は許可の取り消し

もあり得ることなので

ある意味信用することが出来る書類と言えます。

 

中道組としては国有地の払い下げには

関連していないものの

8億円の値引きに至った地下埋設物などの

不正の有無を表明した方が

企業としても良い選択となるはずです。

スポンサーリンク