読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東芝が上場廃止の可能性2017のなぜと株価はどうなる?

f:id:bigconchan:20160330100301j:plain

2017年に東芝上場廃止の可能性があると

言われていますが

なぜ?どの様な理由で東芝上場廃止の可能性があり

同時に株価がどうなるのか?株は紙切れになることもある

東芝上場廃止の可能性や株価はどうなるのか?を

わかりやすくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

東芝上場廃止の可能性2017のなぜ?

そもそも上場廃止の条件とは

企業が投資家の信頼を失う行為を繰り返すこと

上場廃止の理由となります。

 

東芝の場合には3つの上場廃止の理由があげられます。

 

  1. 決算報告の遅れ

東芝は2017年2月14日に決算の予定が

原発子会社の内部に不正があるとされたことにより

1か月の延長をしていましたが

さらに3月になっても

期限通りの提出が出来ないことから

4月11日の期限が守れない上に

再々延期が認められない場合、

8営業日以内に決算報告がないことが

生じると東芝上場廃止となります。

 

  1. 財務問題

東芝債務超過、つまり保有資産より借り入れが

多い状況にありますが

3月末で債務超過であれば

東証1部から東証2部に降格となり

さらに1年間、債務超過となれば

東芝上場廃止となります。

 

  1. 社内管理(内部管理)

2015年9月に東芝東証から

社内管理に問題があるとして

特設注意市場銘柄

に指定をされています。

2017年3月15日に東芝東証に対して

社内管理体制での再発防止策の確認書を

提出していますが

東証側が審査で確認して改善がない

とみなせば東芝上場廃止となります。

スポンサーリンク

     

    東芝上場廃止で株価はどうなる?

    東芝上場廃止ということになると

    株主は市場で株式の売買が不可能

    となります。

     

    同時に

     

    東芝の株を買ってくれる

    相手を見つけなければ

    東芝の株を売って現金にすることは

    非常に難しくなります。

     

    東芝上場廃止となれば

    当然、現金化し難い株ということになるので

    安くなっての売買ということになります。

     

    東芝の株は紙切れになる

    という例えが言われるのも

    ある意味納得することが出来ます。

     

    シャープを鴻海精密工業が買収した様に

    東芝上場廃止になっても

    東芝の事業を子会社化する企業があるかも

    知れませんが、

    東芝としては上場廃止となると

    株式を発行することで得られる資金を

    調達することが出来なくなるので

    非常に厳しい企業経営となります。

     

    もちろん

     

    東芝の株主にとっては

    大きな損になってしまうこともあるので

    今後の東芝の事業計画や損失の増加などに

    ついても注意深い考察が必要です。

     

    hifuminonikki.hatenablog.com

     

    東芝の技術を守るために

    国が助けることもあるかも知れませんが

    どの様に推移するのかも注目したいと思います。

    スポンサーリンク