読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

籠池泰典の証人喚問はいつ?安倍晋三首相は辞任や退陣の可能性?

f:id:bigconchan:20170210163038j:plain

籠池泰典氏が証人喚問を受けることになりました。

安倍晋三首相から100万円の寄付の有無や

国有地の格安での払い下げについての証人喚問となります。

これまで

籠池泰典氏は証人喚問を受けない、自民党公明党の与党は

籠池泰典氏は民間人なので簡単には証人喚問という訳には行かない

と主張していました。

しかしながら、風雲急を告げると言う形になりましたが、

安倍晋三首相の辞任や退陣の可能性はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

 

籠池泰典の証人喚問はなぜ決定した?

籠池泰典氏は森友学園が開校を目指していた

瑞穂の國記念小學院安倍晋三記念小学校)が立地する

国有地を格安で取得したことが問題化したことで

どうして、格安で国有地が払い下げとなったのか?

参考人招致として野党は求めていました。

 

与党はなぜか?

籠池泰典氏が民間人であることを理由に

参考人招致は否定していましたが

2017年3月16日に籠池泰典氏の自宅や

瑞穂の國記念小學院

参議院予算委員会のメンバーが訪ねたところ、

安倍晋三首相から森友学園に100万円の寄付

があったと

籠池泰典氏が発言したことから、

籠池泰典氏も自民党も証人喚問するという

流れになっています。

 

籠池泰典氏はこれまで安倍晋三首相とは

親しい間柄であったのにも関わらず

森友学園の国有地問題で

安倍晋三首相が国会で「しつこい」と

籠池泰典氏を表現したことから

籠池泰典氏はある意味「吹っ切れた」と語っています。

 

通常は参考人招致から証人喚問になることが

大半ですが、刑罰がある証人喚問をいきなりする

というのは、自民党の怒りや焦りがある様に思えます。

スポンサーリンク

 

籠池泰典の証人喚問はいつ?安倍晋三首相は?

籠池泰典氏は安倍晋三首相から・・・

といっても

安倍昭恵さんから夫の安倍晋三からという形で

100万円を寄付されたと言っています。

 

その一方で

 

安倍晋三首相側は寄付をしていない

と主張しています。

 

寄付についての領収書がないことから

隠し玉がないのであれば

籠池泰典氏は証拠を出すことが

不可能な状況の様です。

 

同時に

 

安倍晋三首相にとっては、寄付金はないのに

あったと言われてしまうと

証拠を出せと言われても出しようがない

ということになってしまいます。

 

  • 寄付があったのにない
  • 寄付がないのにあった

を証明するのは

具体的な証拠がなければ極めて難しいと言えるでしょう。

 

ところで、

森友学園への便宜の有無や寄付については

 

2015年9月3日

籠池泰典氏が追田理財局長に会う

 

2015年9月4日

安倍晋三首相が大阪のテレビ局に出演

籠池泰典氏が近畿財務局に接見後、

国土交通省補助金を出すことを決定

 

2015年9月5日

安倍昭恵さんが森友学園(塚本幼稚園)で講演

瑞穂の國記念小學院の名誉校長就任

⇒100万円の寄付があった?なかった?

 

と、3日間に何かあったのか?なかったのか?

が重要な点になりそうです。

 

ところで、

 

仮に100万円の寄付があっても

安倍晋三首相が罪になる訳ではありませんが

安倍晋三首相や安倍昭恵さんの言動から

忖度

して公務員側で

勝手に国有地を安くしたのかも知れません。

 

同時に

 

100万円に寄付についても

安倍昭恵さんが安倍晋三首相に確認をせずに

森友学園に寄付をしたのかも知れませんが

「全く覚えていない」

安倍昭恵さんは発言しています。

 

ところで

 

籠池泰典氏の証人喚問は

で行う予定となっています。

 

きっとNHKで中継することでしょう。

 

私や妻、事務所も含め、

小学校の認可や国有地払い下げには一切関わっていない

関係していたとなれば、首相も国会議員も辞める

 

安倍晋三首相は国会で発言していますが

籠池泰典氏が決定的な証拠を提出しないのであれば、

安倍晋三首相の辞任や退陣はないはずです。

 

安倍晋三首相が寄付したことで

森友学園の国有地に関連していなければ

罪になることもないはずですが

仮に安倍晋三首相が寄付をしたのなら

思想的なことに共感しているからと

これまでの言動から推測することが出来ます。

 

証人喚問で新たな証拠がなければ

あった、なかった

の言い合いになるだけで終了となることが

予想されますが、

安倍内閣にとっては痛い事案となりそうです。

スポンサーリンク